--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/08

敷地特性を生かす家づくり

敷地特性を生かす家づくり

もう、3年くらい前になりますが、
会社でソラマドの家を扱うようになり、
担当者とデータをやり取りしていたところ、
今までの施工実例画像を送ってもらいました。

その中の1枚が下の画像です。


ip_DSC_71 (14)



新築した家の中を、子供が走り回っているのは、よく見かける光景ですが、
家の中に階段があり、その上に渡り廊下のような橋がかかっています・・・

えっ?なにこれ?

さらに、よく見ると、橋部分の素材は、
道路側溝とかに使われるグレーチングに見えるし・・・

一体、どんな間取りなのか?気になりませんか?
と言うか、そもそも、なぜこの様な階段が家の中に存在するのか?
当然ながら、質問してみました・・・

で、以下、理解できた理由です

この家の敷地は、傾斜地にあり、
その傾斜をそのまま生かした家を作られたそうです。
ですから、この階段下基礎から、そのまま山の傾斜になっているそうです。

今まで、何社ものハウスメーカーに相談したらしいのですが、
それらは皆一同、斜面を切り開く造成工事が前提であり、
想像するに、莫大な費用が提示されたと思います。

ソラマドにてプラン提示を受けた結果、
全く違った考え方での提案であったことから、進める事になったそうです。

敷地で悩んでいる方は、是非、ご相談ください。


-内田記-

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。