2015/05/30

お気に入りの場所

お気に入りの場所



先月、お引渡しさせていただいた、
LOAFERのオーナー様宅へ登記関係の書類をお届けに伺ってきました。

私しとしては、4月末以来の訪問だったのですが、
リビングに上がらせていただき、とても驚きました。

ウッドデッキ部分、特にひさしが長く張り出しているので、
日中の陽射しを遮ってくれて、涼しいのです。
また、家の中に風が通るので快適でとても気持ちがいいのです。

今の時期、窓を開けてると、2階部分でも快適に過ごすことが出来るそうです。
とても住み心地が良いと、お褒めいただきました。



福島邸 001



屋根に乗った10kwの太陽光が大活躍で、
先月はなんと、46,000円程の売電収入があったとのお話です。


「お困りのことはなにかありますか?」との質問に対して、

「敷地が広すぎて、雑草の伸びが速くて、草取りが追いつかない」
とのお話で、この後も除草を頑張るとおっしゃっていました。

特にLOAFERの家は広い土地にお建てになる方が多いと思うし、
庭のいじりや簡単な外構等、自分で苦も無く出来る方が好んでいるのかと感じます



福島邸 005



ウッドデッキに木製チェアーを出していました
こちらで寛ぐのがオーナー様の、特にお気に入りの場所との事です。

私しも座らせていただこうかと思いましたが、
特別な場所であろうと思い、近くで眺めるだけにさせていただきました。

再来月、3ヶ月点検でまたお邪魔してお話を伺わせていただきます。


-内田記-
スポンサーサイト
2015/05/22

ソラマドモデルハウス オープンハウス

ソラマドモデルハウス オープンハウス


3年前から、「建築家と建てる家」として好評いただいております、
ソラマドモデルハウスですが、今回、オープンハウスとして公開させていただきます。

お気に召していただければ、販売いたしますので、
是非とも、見に来ていただければと思います。


そらまどモデル販売_01



11最終裏_01


学区は泉小学校、野田中学校で、学区としても人気のあるエリアです。

JR川越線「西川越駅」7分、東武東上線「川越市駅」18分の好立地、
お買い物にも、TOP、角上魚類も近くて便利です。


出来れば、直接見に来て欲しいのですが、
以下に内観を3カットだけ公開します。





画像 210






画像 218






画像 199


お問合せ、ご予約は049-241-3755まで

-内田記-
2015/05/11

家相・鑑定相談会

家相・鑑定相談会


家相とは?
 土地や家の間取りなどの相(見た目、ありさま)、
 またはそれによって住人の運勢をみる占術。

家づくりを進める上で、多くの方が気になっている事だろうと思います。

特に家の間取りに関する事では、
「自分の気にいった間取りだけれども、家相的にはどうなのだろうか?」
「鬼門とは聞いた事があるけれど、どの方向に何があったらいけないのか?」
等、質問はよく聞く話です。

また、年回りとは?
 生まれた年により、運勢の吉凶があります。

「来年ならいいけど、今年はまだ運勢がよくないみたい」とか、
市販の神社暦で自分の年回りを見ることもできますが、
その詳細については、見てくれる方に任せたほうが明確です。

更には、建替えの場合の仮住まいの方向は、どちら方面へ探したらいいのか?
新築のための土地探しでは、今住んでいる場所からみて、どちらがいいのか?

これら全てにおいて、鑑定相談を承ります。
気になる方は、お問合せください。


日時:5/17(日)
時間:15:00~(各1時間が上限)
場所:日商建設 株式会社 川越市脇田本町30-8
川越市内神社神主による鑑定を行っていただけます。
参加費:無料
※ご参加は無料にて承りますが、前提として住まいの新築計画があり、
 氏名・生年月日・ご住所等の個人情報をお知らせいただくことが必要です。
問合せ電話:049-241-3755 担当-内田まで
    メール:masaya@nissho-kensetsu.co.jp


55555.jpg



-内田記-
2015/05/08

敷地特性を生かす家づくり

敷地特性を生かす家づくり

もう、3年くらい前になりますが、
会社でソラマドの家を扱うようになり、
担当者とデータをやり取りしていたところ、
今までの施工実例画像を送ってもらいました。

その中の1枚が下の画像です。


ip_DSC_71 (14)



新築した家の中を、子供が走り回っているのは、よく見かける光景ですが、
家の中に階段があり、その上に渡り廊下のような橋がかかっています・・・

えっ?なにこれ?

さらに、よく見ると、橋部分の素材は、
道路側溝とかに使われるグレーチングに見えるし・・・

一体、どんな間取りなのか?気になりませんか?
と言うか、そもそも、なぜこの様な階段が家の中に存在するのか?
当然ながら、質問してみました・・・

で、以下、理解できた理由です

この家の敷地は、傾斜地にあり、
その傾斜をそのまま生かした家を作られたそうです。
ですから、この階段下基礎から、そのまま山の傾斜になっているそうです。

今まで、何社ものハウスメーカーに相談したらしいのですが、
それらは皆一同、斜面を切り開く造成工事が前提であり、
想像するに、莫大な費用が提示されたと思います。

ソラマドにてプラン提示を受けた結果、
全く違った考え方での提案であったことから、進める事になったそうです。

敷地で悩んでいる方は、是非、ご相談ください。


-内田記-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。